きれいな目とまつげを持っている女性
  • ホーム
  • まつげ育毛剤と眼球への影響

まつげ育毛剤と眼球への影響

きれいな目を持っている女性

まつげが短い、細い、またビューラーやマスカラといった毎日のメイクで傷んでしまったという女性も、少なくないでしょう。
このようなまつげの悩みや、コンプレックスを解消してくれるのが育毛剤です。
育毛剤でケアする事によって、まつげを太く長くする効果が期待でき、またダメージも軽減できます。
ただ、間違った方法でケアしてしまうと、思いもよらぬトラブルに見舞われてしまうかもしれません。
育毛剤はまつげの根本に塗り、有効成分を毛根に浸透させる事で育毛効果を発揮するアイテムです。
ただ、育毛剤の駅がサラサラとしていたり、育毛剤を塗ってすぐにまばたきをしてしまうと、目の中に育毛剤が入ってしまうケースがあります。
すると、目の充血やかゆみといった、眼球への影響が出てしまう為、注意しましょう。
また、育毛剤にはコラーゲンやヒアルロン酸といった、美容成分ではなく病院で緑内障の治療に用いられている薬もあります。
緑内障の薬で治療をしていた方の中に、まつげが太くなったり伸びるといった副作用が現れた事から、緑内障治療薬を育毛剤として使うケースが増えたのです。
緑内障は眼圧が上がってしまう目の病気です。
ですので、緑内障の治療薬には眼圧を下げる働きがあります。
もし、健康な目の方が緑内障治療薬を、間違って目の中に入れてしまったら、眼圧が下がりすぎてしまう恐れがあります。
この他にも眼球への影響として、目が乾くといったトラブルや目の違和感も挙げられます。
また、まぶたの場合も色素沈着やかぶれ、痒みといったトラブルを起こしてしまうケースがあるようです。
育毛剤でケアする場合、このようなトラブルや副作用がある事を考慮して、まつげの根本のみに慎重に塗る事を心がけましょう。

サイト内検索
人気記事一覧