きれいな目とまつげを持っている女性
  • ホーム
  • まつげ育毛剤の効果とメカニズム

まつげ育毛剤の効果とメカニズム

目がきれいな女性

まつげの育毛を促進する医薬品にまつげ育毛剤があります。
まつげ育毛剤には、エステなどで使用される美容液タイプのものもありますが、医薬品となる育毛剤は市販はされておらず購入する場合には通販を利用することになります。
一般的に処方されているものは医師による処方が必要となり、成分としては育毛に高い効果のあるビマトプロストという有効成分が含まれています。
有名な治療薬としてはルミガンがあげられますが少々値段が張るので、ルミガンのジェネリックを購入して薬代を安く済ませることをおすすめします。

ビマトプロストは、元々は緑内障患者の治療薬成分として利用されていた成分であるために、使用をする場合には医師の処方箋が必要となりますが、医薬品となるためにその効果も高く、まつげ周辺の血行を促進し、細胞分裂を活性かすることによって毛根を刺激し発毛の促進やその量を増やすことができます。

育毛剤のメカニズムとしては、基本的には毛根への刺激によって発毛等を促す内容となりますが、美容液が育毛剤として用いられていることも多く、この場合のには成分として含まれているヒアルロン酸や、育毛に必要とされる成長ホルモンを分泌させる褐藻エキス、また、まつげに潤いを与えて保湿をするコラーゲンなどの天然成分が大きく影響を与えています。
そしてメカニズムとしては、ダメージを受けてしまったまつげの補修やトリートメント、また、ハリやコシといった内容に関して効果を発揮することにより、抜け毛の予防をしたり、まつげ本体の質感を高めることができるようになっています。

医薬品でもあり育毛剤は使用をする上において副作用に注意をする必要があります。
一般的に指摘がされている症状としては、目のかゆみ、充血、また色素沈着などがあり、これらは個人の体質などによっても現れる頻度に違いがるものの、このような場合には医師の判断が必要となります。